女性ホルモンをアップ

女性

女性ホルモンを増やすには、大きく分けるとクリニックでホルモン療法を受ける方法と市販のサプリメントを飲む方法の二通りがあります。特にサプリメントは毎日手軽に飲めるので、簡単に女性ホルモンを増やす方法のひとつです。

女性に多い症状です

女性

女性は50代を目前に控えた時期から、イライラなどに悩まされることが多くなります。それは、更年期障害の症状である可能性が高いでしょう。更年期障害は体のホルモンバランスが乱れる事によって引き起こされるもので、健康食品などで改善できます。

肉体疲労を改善するサプリ

サプリメント

BCAAのサプリメントには、バリンとロイシン、イソロイシンの必須アミノ酸を含有している。これらのアミノ酸の働きによって、肉体疲労の回復や筋肉増強の効果が期待できる。BCAAのサプリメントはダイエット目的で摂取することも可能である。

腎臓病を防ぐための指標

肝臓病を予防するために必要不可欠なクレアチニンとは?の疑問を解決してみませんか?適切な摂取方法も分かりますよ。

老廃物の残留量をチェック

男女

腎臓は身体の中の毒素をろ過したり、血圧を調節したりする非常に重要な臓器です。しかし、腎臓には悪くなってもなかなか自覚症状が出ないという特徴があります。特に慢性腎臓病は一定程度まで進行すると完治は困難と言われています。そのため、定期的に健診を受けるなどして異常のサインを見逃さないように気をつける必要があります。腎臓の状態を知るための重要な指標の1つに、クレアチニンがあります。クレアチニンは筋肉を動かす時に使われるクレアチンというアミノ酸の老廃物です。通常、クレアチニンは尿と一緒に体外に排出されます。しかし腎臓の働きが衰えると血液中のクレアチニンが完全にはろ過しきれず、体内に残留してしまいます。つまりクレアチニンの残留量が多いと、腎臓に異常が発生していると考えられることになるわけです。

食事や生活習慣で改善を

クレアチニンの残留状況は、血液検査を行うことによって判明します。男性の場合はおおむね0.6〜1.2mg/dl、女性の場合はおおむね0.4〜1.0mg/dlが正常値の目安となっており、この上限を超えると腎臓疾患の発症が疑われます。したがって、腎臓を常に健康な状態にしておくにはこのクレアチニンの値を低く保つことが重要になってきます。クレアチニン値を下げるのに欠かせないのは、生活習慣に気をつけることです。睡眠をたっぷり取り、適度な運動を定期的に行うことで免疫力を高め、腎臓に負担をかけないようにします。また、塩分やタンパク質の過剰な摂取も腎臓を疲弊させる原因となるので、薄味で低タンパクの食事を心がけるようにします。その他、ビタミンB群やマグネシウム、オルニチンなど腎臓の働きを高める成分を含んだサプリメントを利用するのも効果的です。