女性に多い症状です

女性ホルモンが減少する

女性

40歳後半の女性には、女性ホルモンが減少することで起こる更年期障害というイライラに代表される弊害が現れます。更年期障害は、男性にも起こるものですが、イライラしてしまうのは女性に多い症状です。なぜ、この時期の女性に更年期障害が現れるのかというと、卵巣機能が衰えるために女性ホルモンの分泌が減少してしまうからです。更年期障害が現れると、先ほども述べたようにイライラを強く感じたり、体温調節が上手くできずに身体がほてったり、動悸がしたりと様々な症状が見られるようになります。また、完全に卵巣機能が停止してしまう閉経が起こると、ホルモンバランスが完全に崩れて女性の抜け毛が進行する場合もあります。でも、サプリメント等を利用してこれらの症状を軽減できる可能性があります。

症状を軽減する

更年期障害に見られるイライラ等の症状を軽減する効果が期待できるサプリメントとはどのようなものなのでしょうか。それにはまず、女性ホルモン様物質である大豆イソフラボンがあげられます。大豆イソフラボンは糖と結合しており、腸管から吸収される時に腸内細菌によって糖と切り離され、アグリコンという状態になります。そして、このイソフラボンアグリコンという物質が女性ホルモンの代わりに働くと考えられているのです。また、プラセンタも更年期障害に効果があるのではないかと考えられています。プラセンタとは馬等の胎盤から抽出されたエキスのことで、様々な成長促進因子を含んでいると考えられているのです。これらのサプリメントは多くの会社が製造販売していますから、ネットの口コミ情報等で評判の良いサプリメントを探してみましょう。