女性ホルモンをアップ

更年期を乗り切るために

女性

更年期は閉経前後の期間を言い、更年期になり女性ホルモンの分泌量が少なくなることで起こる症状を更年期障害といいます。更年期障害になると、落ち込むことが多くなったり、ちょっとしたことでイライラしたり、発汗やほてりなどの症状が出たりします。更年期障害をうまく乗り切るには、女性ホルモンがキーワードとなります。女性ホルモンを増やす方法を生活の中に取り入れることで、症状を緩和できます。病院にいけば、女性ホルモンを増やす方法として、注射や貼り薬などのホルモン補充療法が受けられます。プラセンタ注射も女性ホルモンを増やす方法のひとつで、保険治療ができる一般皮膚科クリニックなら1アンプルあたり千円以下で利用できます。

人気のサプリ

自分で女性ホルモンを増やす方法には、規則正しい生活を心がけること、サプリメントや漢方薬を飲むことなどがあります。特に手軽に取り入れられるのがサプリメントです。サプリメントは、毎日飲むだけでよく、コンビニやドラッグストアなどで手軽に購入できるので、最も簡単にできる女性ホルモンを増やす方法です。女性ホルモンに働きかけるサプリメントには、プエラリア、イソフラボン、高麗ニンジンエキス、プラセンタ、石榴エキスなどが配合されています。いずれもホルモンバランスを整える働きがあり、飲むことで更年期障害特有のいらいら、無気力、不眠、焦燥感などが改善されます。また、美肌効果もあるのでアンチエイジングにもなります。